企業家がビジネスを行う事に最も適した国として、アメリカが選ばれました。

October 17, 2016 米国 0 Comments

アメリカは、ビジネスリーダーが社会問題へ取り組むに当たり、ベストカントリーである。(世界の経済大国45国の大よそ900の社会的企業の調査を行うThomson Reuters Foundationによる専門家の世論調査によると). 世論調査は6月9日から7月15日の期間、オンラインにより各国20の専門家により行われた。85%の大多数の専門家は、セクターを追跡できるデータは少ないものの、多数の社会的企業により社会の目的とビジネスを融合する方法が成長したと述べている。専門家は、社会の理解不足は連続的に変化する社会的企業家の定義により悪化(起因)すると述べている。共通の定義とは、ある人間が社会問題を解決するために行うビジネスである。専門家は、社会の理解の拡大はより良い認知を築き、また政府や金融機関に、特定の法的形態や税金免除のみ有する社会的企業を支援する圧力を与えると述べている。More