従業員のためのグループ健康保険へへ加入している中小企業が反転を見せている。

October 17, 2016 米国 0 Comments

健康保険の厳しいポリシーにより運営される産業や、コスト上昇及び数少ない個人へのカバーが、中小企業をグループ保険へ向けている。大手の雇用主でなく、中小企業、つまりフルタイムの従業員が50に満たない水準と同様の企業はACAの基づき医療給付を提供することは求められない。多くが、労働市場で競争力を持つために、又はそれが正しいと考えてそうしている。個人かグループカバーかのアンケートは、保険市場の転がり続ける変化を強めている。相反する勢力は、中小企業に再三の打撃を与えている。ある企業が現存のプランの継続提供を可能としている取引ルールで、ACAに合致しないものは、2017年末に満期を迎える。コストと条件は州により異なる。More