2016年6月までの四半期におけるGDP成長率は6.7%をつけ、失望的結果であった。しかしながら、直近中国において発表された6.7%には勝っている。

2016年6月までの四半期におけるGDP成長率は6.7%をつけ、失望的結果であった。しかしながら、直近中国において発表された6.7%には勝っている。 インド政府は、とりわけ海外投資増加に対する努力には誇りをもっており、過去2年で500%増加し、42億ドルに達するアメリカからの投資へは、分配を行っている。借金となるかに関わらず、インドは多国籍国家へ賭けている。中堅クラスへと成長する国家は支払うべきお金を持ち、若年な人口は大きな可能性をもつ。利益獲得可能性への見込みは、海外のエグゼクティブのインドへの行列を引き込む。( MicrosoftやGoogleやAppleのCEOは皆、過去インドへ訪問している)総理大臣のModiはGSTを8月に立法部に承認させるため、多額の政治資金を費やした。施行による、国家の複雑な税金システムの簡素化により経済は拡大しうるだろう。Source